SuperStream-NXは何が変わった?
~「経営の可視化」・「業務効率アップ」・「最新ITの導入」~

 会計・人給を中心とした統合経営基盤であるSuperStream-NXが誕生してから7年半が経ちました。その間に時代は大きく変化してきています。強固な経営基盤、ガバナンス、グローバル、働き方改革など経営環境に求められる課題は山積しており、テクノロジーもクラウド、モバイル、IoT、AIと広がってきております。
 こういった課題に対応するため、今回、SuperStream-NXは大幅に機能強化を行いました。今回の機能強化のポイントは3つ、「経営の可視化」・「業務効率アップ」・「最新ITの導入」です。
 本セミナーでは電子帳簿保存法の最新の動向も踏まえ、新しい統合経営基盤であるSuperStream-NXを徹底的に解剖します。貴社の成長戦略のヒントとして、是非ご活用ください。

開催日 2017年7月11日「火曜日」14時~17時30分  受付開始:13時30分  
講習日程 2017年7月11日「火曜日」14時~17時30分  受付開始:13時30分  
会場
大阪府 大阪市北区芝田1-1-4
●電車でお越しの場合
・阪急梅田駅 直結
・JR大阪駅 徒歩約2分
・地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩約1分
・地下鉄谷町線東梅田駅 徒歩約5分
・阪神電鉄梅田駅 徒歩約5分 
内容 ◇14時~14時10分
ご挨拶

◇14時10分~14時50分
第一部「電子帳票保存法」の最新動向と運用事例
 平成27年度および平成28年度の税制改正により、国税関係書類に係るスキャナ保存制度について、大幅に規制緩和されることになりました。第1部では規制緩和の内容、制度導入の注意点を解説するとともに、「SuperStream-NX 証憑管理e文書対応オプション 」による証憑管理の実現方法をご紹介いたします。

スーパーストリーム株式会社 マーケティング企画部 商品企画課
岡部 毅 氏

◇15時00分~16時20分
第二部「SuperStream-NX Ver.2.0」新バージョンご紹介
 累計導入実績8400社を超えるSuperStream-NXについて大幅に機能強化を行いました。新しい「SuperStream-NX Ver.2.0」が「経営の可視化」・「業務効率アップ」・「最新ITの導入」の視点から経営や現場に与える変化についてご紹介します。また、その機能強化ポイントをデモンストレーションを交えて徹底的にご紹介します。 

スーパーストリーム株式会社
取締役 企画開発本部長 山田 誠 氏

◇16時20分~17時00分
第三部 基幹連携システム開発を簡単に!超高速開発ツール「Web Performer」ご紹介

 Web Performer はノンプログラミングでWebアプリケーションを100%自動生成するマルチブラウザ対応開発ツールです。Web Performerを使ったシステム構築について、事例を交えてご紹介するとともに、SuperStream-NXと連携したシステム構築方法についても、ご紹介いたします。

キヤノンITソリューションズ株式会社 SIサービス事業本部 西日本事業部
宮﨑 陽子

◇17時00分~17時30分
閉会 (閉会後、希望者の方へ個別相談会を実施いたします)


※定員を超える場合はお断りさせていただく場合がございます。
※同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※内容および時間帯は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。 
定員 30名 ※申込締切:2017年7月10日「月曜日」 申込受付中
参加費 無料 
対象  
主催 キヤノンITソリューションズ株式会社
共催 スーパーストリーム株式会社
協賛
備考  
受講規約  


お申し込み

開催予定イベント / セミナーの一覧

お問い合わせ
キヤノンITソリューションズ株式会社
SIサービス事業本部 西日本事業部 西日本営業第一部 担当(磯部、木村)
TEL:06-7635-3059    FAX:
Email:wrs-sol@canon-its.co.jp
担当:

このページのトップへ