電子帳簿保存法(スキャナ保存法)からFinTechまで
ビジネスを成功に導く次世代サービスの活用方法

金融とテクノロジーを組み合わせて、新たな価値を生み出す「FinTech」。
ITの成長分野として有望視されて以来2年以上が過ぎ、現在もさまざまの斬新なサービスが展開されています。本セミナーでは各ベンダーの提供するサービスによって何が変わるのか、「FinTech」とは何かを具体例をもってご紹介します。

開催日 2017年3月24日「金曜日」13時30分~17時20分  受付開始:13時00分  
講習日程 2017年3月24日「金曜日」13時30分~17時20分  受付開始:13時00分  
会場
東京都 品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
(1階SOUTHエレベーターで11階へお越しください)
・りんかい線「天王洲アイル駅」出口Cから徒歩1分
・東京モノレール「天王洲アイル駅」南口から徒歩3分
内容 ◇13時40分~14時30分
基調講演
「スキャナ保存法改正を活かし、経理業務の生産性をあげるフィンテックの知識」

日本企業の間接業務の生産性は、欧米企業と比較して数十%も低いという統計があります。 
それは、日本の経理部門が、フィンテックを含むITトレンドに疎く、業務改善に生かす力が欠乏していることも大きく起因しています。今後、さらに不透明感が強まる企業環境の中で、ルーチンワークに明け暮れる経理部門から、経営に必要な情報を「考えて」、「創り出す」経理部門になるために、従来の経理業務を徹底的に効率化することが重要なポイントになるでしょう。
本講演では、従来の経理業務を徹底的に効率化するための、税制改正やITのトレンドについて、経理部門の方にもわかりやすく解説します。

一般社団法人日本CFO協会 主任研究員
公認会計士 中田 清穂 氏

<略歴>
青山監査法人にて米国基準での連結財務諸表監査に7年間従事。
旧PWCに転籍後、連結経営システム構築プロジェクト(約10社)に従事。
その他に経理業務改善プロジェクトや物流管理プロジェクトにて、現場業務の現状分析や改善提案に参画。
旧PWC退社後、DIVA社を設立し、取締役副社長に就任。DIVA社退社後、独立。
キヤノン電子株式会社 社外監査役


◇14時40分~15時20分
「電子帳簿保存法 スキャナ保存・電子取引を活用した、ペーパーレスな経費精算」
2017年1月より電子帳簿保存法・スキャナ保存を当社マネーフォワードでも運用開始しています。
スキャナ保存だけでなく電子取引も活用することで、業務負荷の削減とより一層のペーパレス化が可能になります。
具体的な取り組みを当社システム「MFクラウド経費」と実際の運用例でご紹介します。

株式会社マネーフォワード
MFクラウド本部 今井 義人 氏


◇15時40分~16時20分
「鍵になるのは「つながるシステム」、”紙と電子化”生産性が上がる帳票電子活用」
法改正の施行などもあり、社内文書とりわけ領収書や請求書など帳票類の電子化に関心が集まっています。しかし、全ての帳票の紙運用を即座にやめることは困難で、一元管理を難しくしています。
紙と電子化した社内文書を上手に活用するためにはどうすればよいのか?
「SVF PDF Archiver」を中心に帳票電子活用のポイントをご紹介します。

ウイングアーク1st株式会社
ビジネスデベロップメント統括部 副統括部長 渡部 覚 氏


◇16時30分~17時20分
「スキャナー保存業務の常識を変えるSDKとその実施例」
紙の書類をPDF化してウェブアプリに保存するとき、いくつの手順を思い浮かべますか?
この手順を1クリックにできるSDKと、実際に1クリックを実現している、インテリジェントウィルパワー社製の「TIWC VDR」をご紹介します。

キヤノン電子株式会社
情報セキュリティ研究所 室長 三浦 大樹 氏
インテリジェントウィルパワー株式会社
代表取締役社長 横山 公一 氏


※定員を超える場合はお断りさせていただく場合がございます。
※同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※内容および時間帯は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。
 
定員 50名 ※申込締切:2017年3月23日「木曜日」 
参加費 無料 
対象 IT部門・経理部門・業務部門・総務部門 
主催 キヤノンITソリューションズ株式会社
共催
協賛 キヤノン電子株式会社
備考  
受講規約  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お申し込み

開催予定イベント / セミナーの一覧

お問い合わせ
キヤノンITソリューションズ株式会社
SIサービス事業本部 ソリューション推進センター セミナー事務局
TEL:03-5730-7929    FAX:
Email:kk-semi_sol@canon-its.co.jp
担当:

このページのトップへ