第37回課題解決ソリューションセミナー
グローバル時代のSCMと在庫適正化セミナー~先進ユーザー事例と最新ツールのご紹介~

製造業から始まったグローバル化の流れはますます加速しています。企業競争力を高めるためのSCM(サプライチェーンマネージメント)も、グローバルを抜きに考えられなくなりました。本セミナーでは、グローバリゼーションの潮流の中で今後SCMがどうあるべきかご説明いたします。また、キヤノンITソリューションズが長年取り組んでいる、需要予測・需給計画における先進ユーザー事例と最新ツールをご紹介いたします。

開催日 2016年12月2日「金曜日」14時~17時  受付開始:13時30分  
講習日程 2016年12月2日「金曜日」14時~17時  受付開始:13時30分  
会場
東京都 品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル11階 
(1階SOUTHエレベーターで11階へお越しください)
・りんかい線「天王洲アイル」駅出口Cより徒歩1分
・東京モノレール「天王洲アイル」駅南口より徒歩3分
内容 ◇14時~14時10分
ご挨拶

◇14時10分~15時
基調講演「グローバリゼーション4.0の衝撃!? -SCMは、如何に備えるべきか-」
物流、情報、金融、人材が国家間を自由に移動できるというグローバリゼーションが浸透して四半世紀が経過。豊富で安価な労働力を活用すべく海外生産に重心を移したり、また生産拠点を移転しなくても、取引先の移転により影響を受けた企業も多いと思われます。いわゆる、これがグローバリゼーション3.0(G3.0)の実態です。
その一方で、地球環境を俯瞰したとき、明らかにこれまでと違うG4.0への変化も現れ始めました。これまで構築してきたサプライチェーンを、今後どのようにマネジメントしてくかという課題も浮き彫りとなってきたのです。本セッションでは、G4.0への動向を解説するとともに、今後のサプライチェーン対応策についてご説明いたします。

キヤノン IT ソリューションズ株式会社 業務ITコンサルティング部
東京理科大学大学院 非常勤講師 
中川 義之

<略歴>
1981年京都大学大学院数理工学研究科修了。同年住友金属工業(株)入社。中央技術研究所にて 鉄鋼生産・物流分野におけるOR(オペレーションズ・リサーチ)の適用研究を開始、数理技術室長、経営企画部参事を経て2002年キヤノンシステムソリューションズ(株)に移籍、ビジネスソリューションコンサルティング部長、コンサルティングセンター長、キヤノン(株)情報通信システム本部担当部長、調達本部担当部長の後、現在に至る。生産・物流問題へのOR適用及び、経営・業務・ITコンサルティングを通じ、35年間一貫して、企業のSCM問題に対する解決法策定に従事。日本オペレーションズ・リサーチ学会(フェロー)、日本経営工学会、スケジューリング学会会員、東京理科大学大学院非常勤講師、青山学院大学大学院非常勤講師、多摩大学大学院客員教授。


◇15時10分~16時
第二部「【導入事例紹介 株式会社トーカン様】需要予測・在庫補充システム導入による発注業務の改革」
トーカン様では、発注業務負荷の軽減・省人化、在庫の適正化を目的として、発注担当者の“経験と勘”による属人的業務から脱却し、発注業務を標準化・自動化するため、『FOREMAST』を基盤とした「需要予測・在庫補充システム」を導入されました。本セッションでは、プロジェクトリーダーの中井様より、システム導入の背景・経緯、需要予測・在庫補充システムの概要、及び導入効果についてご講演いただきます。また、現状の課題やさらなる改革への取り組みについても併せてご説明いただきます。

株式会社トーカン
物流統括部 物流企画部 企画管理課
主幹 中井 雅志 氏


◇16時10分~17時
第三部「需要予測・需給計画システム『FOREMAST3.0』の新機能ご紹介」
キヤノンITソリューションズでは、高度な予測技術や豊富な経験、ノウハウに基づき、SCMのコンサルティングとシステム開発を展開してきました。中でも、欠品削減と在庫削減の実現を支援する需要予測・需給計画システム『FOREMAST』は、様々な業種・業界で導入され好評を得ています。本セッションでは、『FOREMAST』のコンセプト・特長とその最新バージョンである『FOREMAST3.0』 (2016年11月下旬発売)の新機能についてご紹介いたします。

キヤノンITソリューションズ株式会社
数理技術部 淺田 克暢



※定員を超える場合はお断りさせていただく場合がございます。
※同業他社様からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。
※内容および時間帯は、変更となる場合がございますので予めご了承ください。
 
定員 40名 ※申込締切:2016年12月1日「木曜日」 
参加費 無料 
対象  
主催 キヤノンITソリューションズ
共催
協賛
備考  
受講規約  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

開催予定イベント / セミナーの一覧

お問い合せ

キヤノンITソリューションズ株式会社
SIサービス事業本部 ソリューション推進センター セミナー事務局
TEL:03-5730-7929    FAX:
Email:kk-semi_sol@canon-its.co.jp
担当: